| ホーム見聞録彫刻Photo | 掲示板YouTube | ←戻る |
祭り屋台を飾る付帯彫刻の写真を
下手の横好きでさんざん撮っておきながら
もったいぶって小出しにご紹介していくコーナー
いつのまにかクイズになっていまして
ほぼ週替わりで更新予定のつもりですが
多忙だと真っ先に後回しになるため過度のご期待はしない方向で
(^^ゞ


2018/07/22更新

今回も個人的にはとても好きな彫りです

さて

浜松まつりのどこの町でしょう?




前回のは「東伊場」さん屋台で

武志士(ぶしし)

でした

乗っているのは反物だそうです






その前のは海老塚町さんで

図柄は琴高(きんこう)仙人〜同町の井熊さん調べによる

でした

彫工は浦部さん、見事な彫刻です

鯉に乗ってる人物をみると

なんでもかんでも琴高さんだと思いがちですが

そうばかりでもない

子英(しえい)さんという仙人もおられます

ざっくりいうと自ら育てた鯉にやがて角が生え

(その時点でもう鯉ではなくなっているのかもしれませんが)

それにつかまり天に昇っていくというお話です

↓向宿町さんの見事な彫刻

| ホーム見聞録彫刻Photo | 掲示板YouTube | ←戻る |