□福田と福田町 ホーム

福田(ふくで)という地名の由来

南北朝の頃より見える地名。太田川下流右岸に位置し、南は遠州灘に面する。地名の福田は吹切出(ふききりいで)の転化したもの。諸井川(現太田川)の水が直接海に入らず、南西に曲がり流れてついに吹き切れて海に入ったところをいう意。(校正郷土雑記)
出典=角川地名大辞典・静岡県
→地名の由来(中日新聞記事)もご参照ください

※現在の太田川は慶長9年(1604)に旧太田川と原野谷川を合わせた人工の川である。江戸時代の中頃までは、農民が飛び越えて西側の田んぼに通っていたという。
1991福田町勢要覧P6より引用
→かつての太田川の様子をみる

現在の太田川を豊浜橋から北を望む

福田と福田町

明治22年施行の町村制により、当時の横須賀藩領であった福田村(図の桃色部分)は西隣の中島村(掛川藩領)他と合併、福田の「福」と中島の「島」を一文字ずつとって福島村となりました。
そして大正15年に福島村は町制を施行して福田町に改称。その後昭和30年〜昭和32年にかけて周辺村々が合併し、平成17年3月までの福田町となりました。
参考資料=福田町史資料編民俗

「福田村」…江戸期〜明治22年の村名。山名郡のうち。幕府領、のち横須賀藩領。
「福田」…明治22年〜現在の大字名。はじめ福島村、大正15年からは福田町の大字。
出典=角川地名大辞典・静岡県

※町村制(ちょうそん‐せい)
地方公共団体としての町村の構成・組織・権限・監督などを定めた法律。1911年(明治44)に制定(その前身は1888年制定)、47年地方自治法に吸収統合。
広辞苑第六版より引用

◆ 福 田 町 の 変 遷 図 ◆
福田町の変遷(手書き図)
※(苦労して作った)手書き図ですので多少の誤差はご海容ください


福田とはどこを指すのか?

大正15年に古くから名の通る「福田ふくで」を町名にしたことで福田=福田町と混同されがちですが、福田町は合併した村々の総称であり福田は図の桃色部分のみです。

周辺地区の方は、例えば「ウチは福田(町)の大原だよ」と町を省いて言われる場合が多いので、大字の福田と混同されてしまうわけです。
(これは話し言葉としてはごく自然で仕方のないことだと思います)

また平成17年(2005)4月の磐田市合併で
旧磐田市→磐田地区
旧豊岡村→豊岡地区
旧豊田町→豊田地区
旧竜洋町→竜洋地区
旧福田町→福田地区
として便宜上各支所の管轄で示される場合もあります。

当HPは福田六社神社の氏子祭りを紹介しているので混同を避けるため、福田とは大字の福田を指すことといたします。
福田以外は周辺地区もしくは旧福田町○○と表記させていただきます。

→合併前・合併後の住所表示 (磐田市HP・外部リンク)



余談

福田町庁舎(2005/03/31撮影)

町章(道路標識)…昭和43年(1968)制定〜「フ」と波頭
→旧福田町のHP(国立国会図書館による保存ページ)


中島地区の新しい自治会について


「昭和」
昭和時代初期には福田寄りに福田出身者による10軒ほどの部落があり、本田・新田の両部落との付き合いを余儀なくされ肩身が狭かったという。次第に軒数が増え戦時体制下〜戦後しばらくは15番組と呼ばれていたが、「広報ふくで」昭和27年12/1号には「昭和」自治会の名前が確認できるので、遅くとも同年には「昭和」として成立していたと思われる。名前の由来は昭和時代に入りできた部落であることに由来する。

「石田」
戦前は数えるほどしかなかった軒数が昭和25年の電気開通を機に増え始めた。それまではランプの生活だったという。
戦火を避け東京から疎開してきた軍需工場・石田バルブ工場の名前が後に自治会名として残り、戦後の工場跡地に最初の公民館が建てられた。
現在は福田と中島が約半々である。

「15番組」
昭和35年に石田の一部が分離してできた自治会。「昭和」が採用しなかったことにより空いていた「15」を自治会名とした。

※番組制度と15〜18番組については寺田勝彦さん著「別冊第十七集 福田の郷土誌」P27ご参照ください

←戻る