□六社神社について ホーム

神社全景
福田の氏神は海神を祀る六社神社です。
昔当地に移り住み開拓に貢献したとされる落合一族の祖先が勧請した同一族の護り神であり、当初は落合神社と呼ばれ私有の神社だったようです。
(八番組古老による)
地元漁師達の信仰を集め、明治12年9月に福田村の村社となっています。
1番組〜14番北組の20自治会と石田の東半分までが氏子となっており、福田=六社神社ということです。

※村社(そん‐しゃ)
旧社格の一つ。郷社ごうしゃの下、無格社の上に位する。祈年祭・新嘗祭・例祭などに村から奉幣した。
広辞苑第六版より引用
ご協力=六社神社禰宜・落合邦彦氏

【 神社全景 】
現在の社殿は平成2年(1990年)12月完成 神社紋は丸に蔓柏
↑平成24年の祭典の様子
平成6年(1994)の当番組・4番組「宮組」からお宮へ屋台を入れるようになり、現在に至っています。
祭典のときの夜景 鳥居周辺と神社東側
←戻る